自毛植毛はクリニックで解決|薄っぺらい解決法はもう要らない

最短の解決策

整髪道具

自毛植毛の手術は、自分の髪の毛を頭皮に移植して薄毛を解決する手段の一つです。医師がカウンセリングで頭皮の状態やそれに合う手術の提案をして、希望するヘアスタイルに沿って計画を立てていきます。薄毛に悩まされている人の多くは、頭頂部や前頭部の薄毛に悩まされているため、比較的髪の毛が多い後頭部の髪の毛を採取し薄毛部分に埋めていきます。採取する髪の毛は、太くて長さのある健康な髪の毛です。麻酔を行ない、皮膚を切り髪の毛を取り出していきます。移植する部分に穴を明け、そこに採取した髪の毛を移植していく手術方法です。自然な仕上がりになるように、感覚を均等にし移植して自然な仕上がりを目指していきます。移植範囲が広い場合は数ヶ月という時間をかけて手術を数回行なっていくため、頭皮に負担をかけることなく手術を進めることができます。全ての手術が終了すると、完全に髪の毛が定着する2週間ほどの期間を待ち経過を見ていきます。成功すると半年ほどかけて髪の毛が伸び、他の髪の毛と変わらない成長をしていくのです。自毛植毛は、毛の生え変わりで抜けてしまっても、また新しく生えてくるというメリットがあります。

自毛植毛手術は皮膚を切開するため、痛みや安全性について不安に感じている人もいます。しかし、自毛植毛の手術は麻酔を行ない、最新技術がどんどん進んでいるため安心して手術に臨むことができます。世界的に見てもトラブルが発生するという例は少なく、ほとんどの人が満足する結果を実感しています。技術の必要な手術となるため費用は高くなりますが、数回の手術で永久的な効果を実感できるため、育毛剤の購入や育毛シャンプーの購入を続けるより低価格となります。現在、このような効果的な自毛植毛の手術がさらに進化を続け、手術で薄毛を改善するという手段が一般的になりつつあります。